アトピー性皮膚炎の治療方法

<スポンサードリンク>
アトピー性皮膚炎には、ステロイド剤による治療、その他の薬剤の治療、健康器具、サプリメント、スキンケア、入浴療法、その他民間療法、それぞれの治療法が、何らかの身体もしくは症状に対する目的を持って行われています。それらの治療法は、特定のアトピー性皮膚炎の人には有効ですが、同時に原因が個々人で異なるため、一つの治療法が全てのアトピー性皮膚炎には有効であるとは限りません。

そこで、自分が目的としたい治療の方向性を明確にし、その方向性にそった治療法を選択することが必要です。そのためには、まずアトピー性皮膚炎とは、どのような疾患なのかを正しく理解することが大切なのです。

治療の主体は、治療を施す側(医師や薬剤、器具や民間療法など)ではありません。主体はあくまで治療を受ける側、つまり患者自身であり、治療を施す側は、それを補助するに過ぎません。百人のアトピー性皮膚炎の方がおられれば、百通りの治し方が存在します。

さまざまな治療法を選択するする上では、治療の主役となる自分に対して、選択しようとしている治療法がどのように有効(メリット)なのか、またどのようなリスク(デメリット)があるのかを十分認識した上で、治療を行うことが大切です。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 09:10 | アトピー性皮膚炎の対策

アトピー性皮膚炎を悪化させる原因

<スポンサードリンク>
アトピー性皮膚炎を悪化させる原因は、大きく分けると「生活面」「環境面」「精神面」「治療面」の4つが考えられます。まず、生活面としては、「アトピー性皮膚炎の原因」となった生活を変えられていない場合です。例えば、睡眠不足により、免疫機能、自律神経などを乱し、アトピー性皮膚炎が現われ始めた場合、その「睡眠不足を必要とした生活の原因」を意識する必要があります。

「仕事が忙しい」「受験で睡眠時間が確保できない」など、個々人にとってはやむを得ない理由かもしれません。しかし、やむを得ないから放置すれば、症状が好転することは難しく、さらにアトピー性皮膚炎の原因が続くことになり、症状そのものは悪化することになります。

お酒が好きで肝臓病になった人が、お酒を飲み続けながら治療を行う、あるいは糖尿病の人が食事や運動に一切気を配らずに治療を行っても効果がないのと同じで、アトピー性皮膚炎の場合も、生活面での「原因」がある場合には、どのような治療を行っていようとも、その生活面での原因を取り除く必要があるのです。

このような、体に対する生活面の負荷は、睡眠の他にも、運動不足や食事面のアンバランスなどが考えられます。特にステロイド剤などの薬剤により、症状を抑えている場合には、症状が抑えられている=病気が治った状態と勘違いしやすく、その生活面の「負荷」には、なかなか気がつきにくいものです。

それらの生活面の負荷は、過度に続くと、代謝を下げたり、免疫機能を低下させたり、さらには内分泌機能(ホルモン)、自律神経などにも悪影響を与えることになります。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 05:41 | アトピー性皮膚炎の対策

アトピー性皮膚炎の治療について

<スポンサードリンク>
アレルギー反応は大きく分けて4つの型に分類されますが、以前はアトピー性皮膚炎の場合、即時(アナフィラキシー)型であるT型とされることが多かったようです。しかし、最近ではW型である遅延(ツベルクリン)型との混合であるとの見方が一般的です。

アレルゲンなどに反応した結果、皮膚に炎症を生じ、それがかゆみと知覚され、掻き壊しにより炎症がさらに広がる、これが一般的なアトピー性皮膚炎の理解といえるでしょう。さらに、掻き壊しにより皮膚のバリアが低下すると、感染症などの二次的な疾患も併発したり、かゆみにより睡眠が取れないなどの生活に支障が現れると、体力の低下などからアトピー性皮膚炎そのものを悪化させることもあります。

やっかいなのは、患者自身が自覚できる症状はかゆみに集約されることです。したがって、かゆみを押さえる治療を一番に考えがちになりますが、かゆみはアトピー性皮膚炎の原因ではなく結果に過ぎませんから、本当の原因というのを解消しない限り炎症が出たり引いたりを繰り返しながら徐々に悪化することがあります。

さらに、現在行われているアトピー性皮膚炎治療の主な対象も「かゆみ」に集約されがちです。そこで、「かゆみ」という症状がどのような意味合いなのかについて述べてみたいと思います。まず、最初に知っておきたいことは、アトピー性皮膚炎により現われる「かゆみ」「炎症」という症状は、あくまで「結果」であって、病気そのものではないということです。

アトピー性皮膚炎という疾患を考える上では、「かゆみ」という体に現れた現象のみに重点をおくのではなく、「かゆみ」がなぜ引き起こされたのかを考え、そして、その原因となった状況(生活や生活環境内の原因が多い)を取り除く努力こそが、本質的な意味での「アトピー性皮膚炎克服のための条件」ということが言えるでしょう。

かゆみを治療することももちろん大切ですが、同時にアトピー性皮膚炎を体に「症状」として出さなければならなくなった原因を探り、解消することも大切だということです。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 23:33 | アトピー性皮膚炎の対策

もしアレルギーがなかったら?

<スポンサードリンク>
アレルギー体質がなければ、例えば有害な食べ物を食べても下痢や嘔吐も起きない、つまり生体維持が非常に困難になるということです。また、「アレルギー体質」の強弱は、生活環境によっても変化します。 毎年、春になると、花粉症に悩まされる方は、年々増加しています。 「去年までは大丈夫だったのに!」という話も、良く聞きますが、これも、アレルギーの感受性が、生活環境により変化するためと言えます。

このように、アトピー性皮膚炎とは、広義に考えるならば、インフルエンザのような共通する特定の原因により引き起こされる「単体の疾患」ではなく、個人個人が異なった原因により共通の症状が引き起こされる「症候群」的疾患であると言えるでしょう。アトピー性皮膚炎とは、主たる病変部が皮膚に現れやすい疾患ですが、その原因が皮膚に直接あるわけではありません。

無論、掻き壊した後で、感染症にかかった場合など、アトピー性皮膚炎の症状そのものを悪化させる要因が皮膚そのものに考えられることはあります。しかし、アトピー性皮膚炎そのものの病態から考えると、疾患としての原因は、皮膚ではなく、体そのものの問題であることが多いと言えます。人間の皮膚は、「内臓の鏡」と言われるように、体内の異変を知らしめる役割も持っています。

例えば、肝臓病の方の場合、脂っこいものやお酒を飲むと、皮膚に蕁麻疹が見られることがあります。また腎臓病の方の場合、皮膚が黒ずんでくることがあります。これらは、症状は皮膚に見られるわけですが、もちろん皮膚そのものに異常があるのではありませんから、いくら皮膚を治療しても、元となる肝臓や腎臓の状態を改善しない限りは、繰り返し再発することになります。アトピー性皮膚炎の場合も同様です。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 13:46 | アトピー性皮膚炎の対策

アレルギー体質を改善する食生活

<スポンサードリンク>
現在は、小さな子供たちが、親と同じ時間帯で生活を行うことが多く、夜10時以降まで起きていることも当たり前となり、添加物、防腐剤の入ったインスタント食品、レトルト食品、加工食品、お弁当なども増えるなど、明らかに体にとっては負荷のかかりやすい状況となっています。

さらに、少子化により、子供に対する教育費用が、かけやすくなったせいか、塾や習い事を低年齢で行う子供達が増え、テレビゲームなどの室内での楽しい遊びも充実し、本来、代謝がさかんな年齢で、外での体を動かす行動(遊び)が、生体全体を活発に成長させる時期にありながら、逆に、生体としての代謝を低下させているのが今の現状なのです。

他の動物を見ても、幼体が、じっとしてしていることはまずありません。必要以上に跳ねたり駆け回っていたりしますが、これも自然にあるべき姿といえます。また、大人の場合も同じことが言えます。仕事や生活上のストレス、学業のストレス、睡眠不足、栄養の過不足、運動不足、これらの不足状態、ストレスの過剰状態が継続すれば、やはり、体の機能のあちこちに異常を生じたとしても不思議ではありません。

実際に、それらの生活面での体に対する負荷が続けば、生活習慣病の原因となることは、よく知られています。つまり、アトピー性皮膚炎とは、体の機能、特に前述した免疫機能がうまく機能できていない、もしくは機能の成長がうまくいっていない状態において、生じている現象とも言えるわけです。逆の見方をすれば、それら体の機能の異常状態を知らしめる警告信号的な役割も持っているとも考えることができます。

しかし、ここで注意いただきたいのは、これらのアトピー性皮膚炎が現われ始めたばかりの状況、つまりアトピー性皮膚炎の初発状況においては、自らの体が作り出した症状である以上、自らの体において、それを消退させることも十分可能なはずなのに、なぜ難治化しているのか、ということです。

アトピー性皮膚炎を悪化させる原因は、大きく分けると「生活面」「環境面」「精神面」「治療面」の4つが考えられます。まず、生活面としては、「アトピー性皮膚炎の原因」となった生活を変えられていない場合です。例えば、睡眠不足により、免疫機能、自律神経などを乱し、アトピー性皮膚炎が現われ始めた場合、その「睡眠不足を必要とした生活の原因」を意識する必要があります。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 04:58 | アトピー性皮膚炎の対策

アトピー性皮膚炎とはアレルギー疾患の一部

<スポンサードリンク>
アトピー性皮膚炎とはアレルギー疾患の一部です。アレルギーとは簡単に言うと「過剰な免疫応答が生じて体に障害を与える現象」のことを指します。アレルギー反応は大きく分けて4つの型に分類されますが、以前はアトピー性皮膚炎の場合、即時(アナフィラキシー)型であるT型とされることが多かったようです。

しかし、最近ではW型である遅延(ツベルクリン)型との混合であるとの見方が一般的です。アレルゲンなどに反応した結果、皮膚に炎症を生じ、それがかゆみと知覚され、掻き壊しにより炎症がさらに広がる、これが一般的なアトピー性皮膚炎の理解といえるでしょう。

さらに、掻き壊しにより皮膚のバリアが低下すると、感染症などの二次的な疾患も併発したり、かゆみにより睡眠が取れないなどの生活に支障が現れると、体力の低下などからアトピー性皮膚炎そのものを悪化させることもあります。やっかいなのは、患者自身が自覚できる症状はかゆみに集約されることです。

したがって、かゆみを押さえる治療を一番に考えがちになりますが、かゆみはアトピー性皮膚炎の原因ではなく結果に過ぎませんから、本当の原因というのを解消しない限り炎症が出たり引いたりを繰り返しながら徐々に悪化することがあります。さらに、現在行われているアトピー性皮膚炎治療の主な対象も「かゆみ」に集約されがちです。

そこで、「かゆみ」という症状がどのような意味合いなのかについて述べてみたいと思います。まず、最初に知っておきたいことは、アトピー性皮膚炎により現われる「かゆみ」「炎症」という症状は、あくまで「結果」であって、病気そのものではないということです。たとえば「熱」という症状は、風邪やインフルエンザにかかった時、はしかや風疹などでも出ますし、骨折などの怪我の場合も出ます。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 23:39 | アトピー性皮膚炎の対策

花粉症の症状緩和

<スポンサードリンク>
私たちの生活を取り巻く化学物質の蔓延、さらに体に取り入れた化学物質を代謝するための運動や睡眠が不足しがちな状況では、余計に体は過剰反応、つまりアレルギーを引き起こすことになります。近年、増加している花粉症も、排気ガスなどの大気中の化学物質と花粉が結合した窒素化合物に反応して、症状が起きると言われています。

実際、花粉症の人を、日光と東京の環状線で調査した結果、杉花粉が多い日光の山中の方が症状が見られにくいことが報告されています。したがって、いかに化学物質を排除するか、そして同時に完全に完全に化学物質を除去することが不可能な以上、いかに体が処理できるように代謝を高めるのか、このあたりを考えることも大切です。

過度な精神面の負荷は、現在の私たちの健康を阻害する上で、大きな要因の一つです。これは、何もアトピー性皮膚炎に限ったことではありません。生活習慣病の原因の一つとしても広く認識されています。精神的負荷、一般的にはストレスとして表されますが、これは、自律神経系の中で交換神経優位の状況を維持させます。

人間の身体は、交換神経による緊張(亢進)と、副交感神経による緩和(抑制)のバランスにより、生体活動を維持していますが、この中で交換神経のみが優位の状況が続くと、さまざまな異常をきたすことになります。例えば、血管は、交換神経の働きにより収縮し、副交感神経の働きにより拡張します。

もし、交換神経のみが常に働く状態が続けば、常に血管は収縮していることになり、血圧は上がっても、血流が少なくなるため、各臓器や諸器官に十分な栄養素、酸素の供給が結果的に減少することになります。また、自律神経系のアンバランスは、免疫系にも悪影響を与えることが、医学的にも判明しています。このように、過度なストレスは、身体に対して悪影響を与えるわけです。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 11:12 | アトピー性皮膚炎の対策

アレルギーを引き起こす化学物質

<スポンサードリンク>
化学物質を代謝するための運動や睡眠が不足しがちな状況では、余計に体は過剰反応、つまりアレルギーを引き起こすことになります。近年、増加している花粉症も、排気ガスなどの大気中の化学物質と花粉が結合した窒素化合物に反応して、症状が起きると言われています。

実際、花粉症の人を、日光と東京の環状線で調査した結果、杉花粉が多い日光の山中の方が症状が見られにくいことが報告されています。したがって、いかに化学物質を排除するか、そして同時に完全に完全に化学物質を除去することが不可能な以上、いかに体が処理できるように代謝を高めるのか、このあたりを考えることも大切です。

過度な精神面の負荷は、現在の私たちの健康を阻害する上で、大きな要因の一つです。これは、何もアトピー性皮膚炎に限ったことではありません。生活習慣病の原因の一つとしても広く認識されています。精神的負荷、一般的にはストレスとして表されますが、これは、自律神経系の中で交換神経優位の状況を維持させます。

人間の身体は、交換神経による緊張(亢進)と、副交感神経による緩和(抑制)のバランスにより、生体活動を維持していますが、この中で交換神経のみが優位の状況が続くと、さまざまな異常をきたすことになります。

例えば、血管は、交換神経の働きにより収縮し、副交感神経の働きにより拡張します。もし、交換神経のみが常に働く状態が続けば、常に血管は収縮していることになり、血圧は上がっても、血流が少なくなるため、各臓器や諸器官に十分な栄養素、酸素の供給が結果的に減少することになります。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 11:12 | アトピー性皮膚炎の対策

アレルギー体質を改善

<スポンサードリンク>
アレルギー体質を改善する努力をしないで放置すれば、症状が好転することは難しく、さらにアトピー性皮膚炎の原因が続くことになり、症状そのものは悪化することになります。お酒が好きで肝臓病になった人が、お酒を飲み続けながら治療を行う、あるいは糖尿病の人が食事や運動に一切気を配らずに治療を行っても効果がないのと同じで、アトピー性皮膚炎の場合も、生活面での「原因」がある場合には、どのような治療を行っていようとも、その生活面での原因を取り除く必要があるのです。

このような、体に対する生活面の負荷は、睡眠の他にも、運動不足や食事面のアンバランスなどが考えられます。特にステロイド剤などの薬剤により、症状を抑えている場合には、症状が抑えられている=病気が治った状態と勘違いしやすく、その生活面の「負荷」には、なかなか気がつきにくいものです。

それらの生活面の負荷は、過度に続くと、代謝を下げたり、免疫機能を低下させたり、さらには内分泌機能(ホルモン)、自律神経などにも悪影響を与えることになります。環境面とは、主に「衣食住」に関わる部分です。「食」の部分は、生活面とも関わりがありますが、環境面でいう「食」とは、添加物などの影響を指します。大気中、水道水、衣類、建材、家具、カーペット、畳、加工食品、生鮮食料品の残留農薬など、ありとあらゆるところで化学物質は私たちを取り囲み、化学物質フリーの生活を行うことは、事実上、困難なのが現状です。

実は、化学物質がアレルギーを引き起こすのは、微量の場合であることがラットを使った北里大学の研究でわかっています。もし、微量以上の場合は、今度は「中毒症状」が現われてきます。このことからも、アレルギーとは、化学物質に対する中毒症状の危険性を認識させるための防衛反応の一部であるといえます。本来であれば、避けられない化学物質を体内で処理するための新陳代謝を高め、同時にできる限り化学物質を摂取しない努力も必要です。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 09:09 | アトピー性皮膚炎の対策
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。