アレルギー症状の原因となるもの

<スポンサードリンク>
私たちは、化学物質に恒常的にさらされることで、これらの歯車が少しずつ狂いを生じ、シックハウス症候群やアトピー性皮膚炎などに影響を及ぼすのではないかと考えられています。

逆にいえば、すでにアトピーを発症している人も、シックハウス対策をして環境要因を減らせば、改善が期待できるということです。身の回りを点検して対策をとりましょう。

化学物質は、主に自律神経に影響を及ぼして、多彩な症状を引き起こします。自律神経の乱れは、相関関係にある免疫系や内分泌系の働きを乱し、アトピーやアレルギー症状を悪化させます。

有害だとわかっても、目に見えないだけに対策が難しい化学物質。家の中にはどんな化学物質があって、どうすれば減らすことができるのでしょうか。あなたの家は本当に大丈夫ですか。シックハウスの原因の代表的なものが、建材およびその関連品に使用されるホルムアルデヒドと呼ばれる物質です。

改正建築基準法で使用が制限されて以来、新築のホルムアルデヒドによる重篤な患者は減りつつあります。一方、シックハウス症候群の患者は、依然として増加傾向にあるといわれます。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 09:30 | アトピー性皮膚炎の対策

アトピー性皮膚炎と生活習慣病

<スポンサードリンク>
昔から、アトピー性皮膚炎という病気は存在していました。しかし現在、この疾患が子供の10人に1人というように激増している理由は、現在の生活環境に原因があると言わざるを得ません。

私たちを取り巻く生活環境は、身体に異常をきたす負荷(化学物質の増加、生活スタイルの変化による睡眠不足や運動不足、精神的ストレスなど)が増大、さらに継続性を持つようになり、それを処理(代謝、解消)する機能が低下しています。

実際、それらの負荷が相当高まることにより、現われる生活習慣病の増加は、近年著しいものがあり、日本人の死亡原因のほとんどは生活習慣病によるものです。有機リンなどの化学物質が一定量を超えて体内に入ると中毒症状を起しますが、微量だとアレルギー症状が現れることがラットの実験でわかっています。

同じように、身体に異常をきたす負荷が一定量を超えると生活習慣病となり、その危険性を 一番自覚できる形で知らせてくれる警告信号的意味合いを持つものが、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状だと、考えることもできます。

したがって、アトピー性皮膚炎を克服するための第一の条件は、身体が受けるさまざまな負荷を軽減させる、ことにあります。主にアトピー性皮膚炎は、先進諸国に多く見られ、ここ最近増加の傾向にありますが、これは、生活環境が「便利に」「清潔に」変化してきていることとの関わりは否定できません。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 16:28 | アトピー性皮膚炎の対策

アレルギー対策 新陳代謝の促進

<スポンサードリンク>
化学物質の摂取が少ない生活を送ることは、自律神経系・内分泌系の働きを正常にし、バランスの良い免疫系の働きを、身体にもたらします。しかし、私たちの生活は、アトピー性皮膚炎の原因になると同時に、本来、アトピー性皮膚炎を抑えるはずの体内の働きをも低下させているのです。

このように、人間の身体には、アレルギーを引き起こす働きもあれば、 抑制する働きもあるのですが、環境の変化により、抑える働きが減少していることが、 アトピー性皮膚炎増加の要因の一つであることは間違いありません。

そして、同時に、生活環境の変化は身体に対する負荷も増大させるため、余計にアトピー性皮膚炎が増える傾向にあるのです。したがって、アトピー性皮膚炎を克服するための第二の条件は、「アレルギーを抑える身体の働きを促進させる」ということにあります。

成人での発症であれば、受験、仕事などでの精神的・肉体的負荷の増大、新陳代謝を促進する運動の機会が激減した、食生活の変化、体内の内分泌に深く関わる睡眠の慢性的な不足などにより、有害な「負荷」が、増加したことがアトピー性皮膚炎の「原因」といえるでしょう。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 20:50 | アトピー性皮膚炎の対策

アトピー性皮膚炎と免疫バランス

<スポンサードリンク>
アレルギーは、本来は体にとって必要な活動のひとつです。アトピー性皮膚炎の場合も、ある種の「警告」の要素が強くあります。ただし、その活動が度を越えた場合や、間違えて働く場合があり、これが生体にとって「障害」を与えることになります。

そして、このT型免疫とU型免疫は、お互いを抑制しあっています。一般的には、T型免疫が強まるとU型免疫が弱まり、U型免疫が強まるとT型免疫が弱まります。よく、アトピー性皮膚炎の方で、風邪などの感染症にかかり高熱が出ると、熱が出ている間は症状が不思議と引く場合があります。

これは、風邪にかかり熱が出ている間は、T型免疫がその活動を最大限に強めているため、U型免疫が抑制され、アトピー性皮膚炎の症状も一時的に弱まることになるからです。

しかし、風邪が治りT型免疫が弱まれば、再度U型免疫が強くなり、症状が再発してくることになります。このように、U型の免疫バランスに異常を来すことがアトピー性皮膚炎に大きく関わってきているわけです。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 03:57 | アトピー性皮膚炎の対策

アレルギーを引き起こす化学物質

<スポンサードリンク>
生活を取り巻く化学物質の蔓延、さらに体に取り入れた化学物質を代謝するための運動や睡眠が不足しがちな状況では、余計に体は過剰反応、つまりアレルギーを引き起こすことになります。

増加している花粉症も、排気ガスなどの大気中の化学物質と花粉が結合した窒素化合物に反応して、症状が起きると言われています。実際、花粉症の人を、日光と東京の環状線で調査した結果、杉花粉が多い日光の山中の方が、症状が見られにくいことが報告されています。

いかに化学物質を排除するか、そして同時に完全に完全に化学物質を除去することが不可能な以上、いかに体が処理できるように代謝を高めるのか、このあたりを考えることも大切です。

アトピー性皮膚炎に限ったことではありませんが、生活習慣病の原因の一つとしても広く認識されています。精神的負荷、一般的にはストレスとして表されますが、これは、自律神経系の中で交換神経優位の状況を維持させます。

人間の身体は、交換神経による緊張(亢進)と、副交感神経による緩和(抑制)のバランスにより、生体活動を維持していますが、この中で交換神経のみが優位の状況が続くと、さまざまな異常をきたすことになります。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 21:17 | アトピー性皮膚炎の対策

アトピー性皮膚炎を抑える体内の働き

<スポンサードリンク>
昔の生活リズムのように、夜は早く寝て、身体を良く動かし、化学物質の摂取が少ない生活を送ることは、自律神経系、内分泌系の働きを正常にし、バランスの良い免疫系の働きを身体にもたらします。これに対し、現在の私たちの生活は、アトピー性皮膚炎の原因になると同時に、本来アトピー性皮膚炎を抑えるはずの体内の働きをも低下させているのです。

このように、人間の身体には、アレルギーを引き起こす働きもあれば、抑制する働きもあるのですが、環境の変化により、抑える働きが減少していることが、 アトピー性皮膚炎増加の要因の一つであることは間違いありません。そして、同時に、生活環境の変化は身体に対する負荷も増大させるため、余計にアトピー性皮膚炎が増える傾向にあるのです。

したがって、アトピー性皮膚炎を克服するためには、「アレルギーを抑える身体の働きを促進させる」ということが大事です。成人での発症であれば、受験、仕事などでの精神的・肉体的負荷の増大、新陳代謝を促進する運動の機会が激減した、食生活の変化、体内の内分泌に深く関わる睡眠の慢性的な不足などにより、有害な「負荷」が、増加したことがアトピー性皮膚炎の「原因」といえるでしょう。

また、乳幼児であれば、妊娠期間中の母体の生活環境変化によって「許容範囲」がすでに低下した状態で産まれ、同時に、外界でのさまざまな異物(化学物質なども)が増加していること、さらに、内分泌機能などもこれから発達する未熟な状態での生体の働きでは、アレルギーを抑え切れないことが原因といえるでしょう。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 03:34 | アトピー性皮膚炎の対策

アトピー性皮膚炎の克服

<スポンサードリンク>
アトピー性皮膚炎克服については、まずは自分の中で、治療手段の優先順位やニーズを明確にして(分からなければ常に相談しながら)、その方向性で治療を行っていくためには、何と何が必要で、その時のメリット、デメリットは何かなど、あらかじめ理解していくことが大切です。

もちろん、克服に至る道はひとつではないわけですから、途中途中でそれらの状況を確認し、必要ならば方向転換するくらいの臨機応変さ、しなやかさは大切でしょう。治療に対する目標を明確にできたなら、次は、実際にどのようにアトピー性皮膚炎克服を目指していけばよいのかを考える必要があります。

もちろん、ここでいうアトピー性皮膚炎克服とは、どのような形であれ「治したい」というニーズを持つ方が、原則として対象です。身体が受けるさまざまな負荷を軽減させること、人間の身体は、さまざまな負荷に対する「許容範囲」を有しています。 その許容範囲内を越えた場合、さまざまな異常状態が「自覚症状」として現われることになります。

身体が有する許容範囲ギリギリまで、負荷を蓄積することは身体にとっては決して望ましいことではありません。肉体的負荷、精神的負荷が、身体というよりも生命維持を行っていく上で、深刻な状況になる前に、本人にそれを自覚させる働きの一つが、アレルギー症状にはあります。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 16:10 | アトピー性皮膚炎の対策

乳幼児のアトピー性皮膚炎

<スポンサードリンク>
アトピー性皮膚炎の診断では「特徴的な皮疹」「強いかゆみ」「症状が反復して、慢性に経過する」の3つを満たすことが基本的な条件といえます。これに血液検査、皮膚テストの結果や家族内のアレルギー性疾患の有無などを参考にして診断されます。

アトピー性皮膚炎は「慢性」の湿疹のため、以前は1歳になる前に診断を下すことには慎重でしたが、現在では3カ月以上その特徴的な皮疹が反復・持続するなら、アトピー性皮膚炎と診断されています。乳児期の湿疹の多くは生後4〜5カ月頃までに軽減するため、離乳食開始後も皮疹が続く場合、新たに出現する場合はアトピー性皮膚炎が疑われます。

乳幼児のアレルギー症状は、はじめ皮膚症状(湿疹、蕁麻疹など)や消化器症状(嘔吐、下痢など)として現れることが多いのですが、1歳前後から呼吸器(咳、喘鳴など)、さらに眼・鼻と症状の出やすい臓器が変わることがあり、これを「アレルギーマーチ(行進)」と呼んでいます。多くは成長とともに改善(自然治癒)してゆくのですが、アレルギー体質が強い場合は原因を除くとともに、症状が進行しないように早めに対応することが大切です。

アトピー性皮膚炎の場合、衣類の素材、石鹸・洗剤、食物、ダニ、ハウスダスト、心身ストレス、汗、紫外線など、原因や悪化の要因はさまざま。生活環境の見直しで症状が改善することも多いので、主治医の指示のもと適切なケアを心がけましょう。私たちが口にした食物は、胃や腸で消化されてから体内に吸収されます。

タンパク質はアミノ酸レベルにまで分解され、腸管から吸収されます。発育途上の乳幼児はこうした消化吸収能力が未熟であり、免疫の機能も未発達。そのため早い時期から異種タンパク質を与えすぎると、体が処理しきれずにアレルギー反応を起こしてしまうのです。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 11:24 | アトピー性皮膚炎の対策

アトピー性皮膚炎 アレルギーの自覚症状

<スポンサードリンク>
アトピー性皮膚炎克服とは、どのような形であれ「治したい」というニーズを持つ方が、原則として対象です。身体が受けるさまざまな負荷を軽減させること、人間の身体は、さまざまな負荷に対する「許容範囲」を有しています。 その許容範囲内を越えた場合、さまざまな異常状態が「自覚症状」として現われることになります。

例えば、肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれるように、この許容範囲が大きい臓器です。お酒の飲み過ぎなどでも、少々の負荷は、黙って耐えてくれますが、耐え切れなくなって脂肪肝という異常状態になると、自覚症状を現すことになります。

しかし、自覚症状が現われた段階では、その異常状態が進行している深刻な状況であることも多々あります。これら、身体に対して「有害」となる負荷には、精神的負荷、肉体的負荷がありますが、 身体が有する許容範囲ギリギリまで負荷を蓄積することは身体にとっては決して 望ましいことではありません。

これらの肉体的負荷、精神的負荷が、身体、というよりも生命維持を行っていく上で、 深刻な状況になる前に、本人にそれを自覚させる働きの一つが、アレルギー症状にはあります。特に皮膚は「内臓の鏡」と呼ばれるように、身体の異常状態を発現させやすい器官です。アトピー性皮膚炎も、これに似ています。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 20:12 | アトピー性皮膚炎の対策
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。