アトピー性皮膚炎の原因とは

<スポンサードリンク>
アトピー性皮膚炎は、病変部が皮膚に現れやすい疾患ですが、原因が皮膚に直接あるわけではありません。無論、掻き壊した後で、感染症にかかった場合など、アトピー性皮膚炎の症状そのものを悪化させる要因が、皮膚そのものに考えられることはあります。

では、アトピー性皮膚炎の原因は何でしょう。人間の免疫には大きく分けると、細菌やウィルスなど外敵に向かうためのT型免疫と、アレルギーなどを引き起こすためのU型免疫に分かれます。

アレルギーというと、一般的には悪いイメージしかありませんが、この免疫反応は、生体にとっては必要なものであるからこそ備わっているものです。たとえば、体にとって有害となる食べ物を食べると、下痢などがおきますが、この際の「下痢」もアレルギーです。

アレルギーも、本来は生体にとって必要な活動のひとつです。アトピー性皮膚炎の場合も、ある種の警告の要素が強くあります。ただし、その活動が度を越えた場合や、間違えて働く場合があり、これが体にとって悪影響・障害を与えることになります。

アトピー性皮膚炎克服とは、どのような形であれ「治したい」という意志を持つ方が、原則として対象ですから、体が受けるさまざまな負荷を軽減させること、人間の身体は、さまざまな負荷に対する「許容範囲」を有しています。 その許容範囲内を越えた場合、さまざまな異常状態が、「自覚症状」として現われることになります。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 09:36 | アトピー性皮膚炎の対策

赤ちゃんの皮膚トラブル

<スポンサードリンク>
赤ちゃんの皮膚トラブルとして多い「脂漏性湿疹」は、頭やまゆ毛などに、黄色い湿疹が少し盛り上がってできるものです。皮膚の表面で脂分や汗が固まってしまうのが原因ですから、せっけんを用いてマメにスキンケアを行い、必要に応じて軟膏を併用すれば、じきに治ります。

また「おむつかぶれ」は、おむつを当てる部分だけに起こるものです。おむつ交換をまめにし、お尻をきれいに洗って乾燥させてからおむつを当てましょう。紙おむつ使用のときは、メーカーを変えると治まる場合もあります。

慢性湿疹であるアトピー性皮膚炎の診断は、早くても4カ月を過ぎてからであり、それまでの皮膚のトラブルは「乳児湿疹」で、多くは適切なスキンケアで軽快します。通常のスキンケアで改善せず、家族内にアレルギーが強い時は、医師に相談してみましょう。

アレルギー反応の原因となる主なアレルゲン・抗原物質です。体内に異物・抗原が侵入すると、体内で産生された抗体が、この異物をすみやかに排除しようと働きます。

この生体の防御反応を「抗原抗体反応」と呼んでいますが、過剰に働くと蕁麻疹や呼吸困難などの過敏反応を引き起こします。

アレルギー治療は、早く原因を見つけることが大切です。食物のアレルギーは早く治療を始めるほど「耐性」が獲得されやすく、早期に再摂取が可能となります。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 21:21 | アトピー性皮膚炎の対策
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。