アトピーのかゆみについて

<スポンサードリンク>
アトピーは、掻き壊しにより皮膚のバリアが低下すると、感染症などの二次的な疾患も併発したり、かゆみにより睡眠が取れないなどの生活に支障が現れると、体力の低下などから悪化させることもあります。

やっかいなのは、自覚できる症状はかゆみに集約されることです。したがって、かゆみを押さえる治療を一番に考えがちになりますが、かゆみはアトピーの原因ではなく結果に過ぎません。

本当の原因というのを解消しない限り、炎症が出たり引いたりを繰り返しながら徐々に悪化することがあります。さらに、現在行われているアトピーの主な対象も「かゆみ」に集約されがちです。

アトピー性皮膚炎により現われる「かゆみ」「炎症」という症状は、あくまで「結果」であって、病気そのものではないということです。本当ならば体に対してはアトピー性皮膚炎そのものが、生体に引き起こされた一つの「症状」であるということが言えます。パッチテストは、アレルギー反応にはすぐ過敏症状が出ず、時間がたってから症状が出る場合もあり、そうした遅延型のアレルゲンを調べるための検査です。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 09:56 | アトピー性皮膚炎の対策

アトピーの原因 仕事や生活上のストレス

<スポンサードリンク>
仕事や生活上のストレス、学業のストレス、睡眠不足、栄養の過不足、運動不足、これらの不足状態、ストレスの過剰状態が継続すれば、体の機能のあちこちに異常を生じる可能性があります。

生活面での体に対する負荷が続けば、生活習慣病の原因となることは、よく知られています。つまり、アトピー性皮膚炎とは、体の機能、特に前述した免疫機能がうまく機能できていない、もしくは機能の成長がうまくいっていない状態において、生じている現象とも言えるわけです。

逆の見方をすれば、それら体の機能の異常状態を知らしめる警告信号的な役割も持っているとも考えることができます。しかし、ここで注意いただきたいのは、これらのアトピー性皮膚炎が現われ始めたばかりの状況、つまりアトピー性皮膚炎の初発状況においては、自らの体が作り出した症状である以上、自らの体において、それを消退させることも十分可能なはずなのに、なぜ難治化しているのか、ということです。

アトピー性皮膚炎を悪化させる原因は、大きく分けると「生活面」「環境面」「精神面」「治療面」の4つが考えられます。まず、生活面としては、「アトピー性皮膚炎の原因」となった生活を変えられていない場合です。例えば、睡眠不足により、免疫機能、自律神経などを乱し、アトピー性皮膚炎が現われ始めた場合、その「睡眠不足を必要とした生活の原因」を意識する必要があります。

「仕事が忙しい」「受験で睡眠時間が確保できない」など、個々人にとってはやむを得ない理由かもしれません。しかし、やむを得ないから放置すれば、症状が好転することは難しく、さらにアトピー性皮膚炎の原因が続くことになり、症状そのものは悪化することになります。

パッチテストは、アレルギー反応にはすぐ過敏症状が出ず、時間がたってから症状が出る場合もあり、そうした遅延型のアレルゲンを調べるための検査です。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 07:51 | アトピー性皮膚炎の対策
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。