アトピー性皮膚炎の生活面での原因とは?

<スポンサードリンク>
アトピー性皮膚炎の場合、生活面での「原因」がある場合には、どのような治療を行っていようとも、その生活面での原因を取り除く必要があるのです。このような、体に対する生活面の負荷は、睡眠の他にも、運動不足や食事面のアンバランスなどが考えられます。

ステロイド剤などの薬剤により、症状を抑えている場合には、症状が抑えられている=病気が治った状態と勘違いしやすく、その生活面の「負荷」には、なかなか気がつきにくいものです。

生活面の負荷は、過度に続くと、代謝を下げたり、免疫機能を低下させたり、さらには内分泌機能(ホルモン)、自律神経などにも悪影響を与えることになります。

化学物質がアレルギーを引き起こすのは、微量の場合であることがラットを使った北里大学の研究でわかっています。もし、微量以上の場合は、今度は「中毒症状」が現われてきます。

アレルギーとは、化学物質に対する中毒症状の危険性を認識させるための防衛反応の一部であるといえます。本来であれば、避けられない化学物質を体内で処理するための新陳代謝を高め、同時にできる限り化学物質を摂取しない努力も必要です。

食物にアレルギーがあっても一生食べられないというわけではありません。早く原因である食物をつきとめ、その食物をひかえた食事を与えてやれば、やがて耐性を獲得して安全に食べられるようになります。回転食は主食や副食を回転しながら食休みを作って摂取させるもので、原因食物を避けながら徐々に耐性を獲得する「診断・治療・予防」を兼ねた食物療法です。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 09:46 | アトピー性皮膚炎の対策

アレルギーと新陳代謝

<スポンサードリンク>
化学物質の摂取が少ない生活を送ることが、自律神経系、内分泌系の働きを正常にし、バランスの良い免疫系の働きを身体にもたらすはずなのですが、それができていない私たちの生活は、アトピー性皮膚炎の原因になると同時に、本来アトピー性皮膚炎を抑えるはずの体内の働きをも低下させているのです。

人間の身体には、アレルギーを引き起こす働きもあれば、抑制する働きもあるのですが、環境の変化により、抑える働きが減少していることが、アトピー性皮膚炎増加の要因の一つであることは間違いありません。

アトピー性皮膚炎を克服するための条件は、「アレルギーを抑える身体の働きを促進させる」ということにあります。成人での発症であれば、受験、仕事などでの精神的・肉体的負荷の増大、新陳代謝を促進する運動の機会が激減した、食生活の変化、体内の内分泌に深く関わる睡眠の慢性的な不足などにより、有害な「負荷」が、増加したことがアトピー性皮膚炎の「原因」といえるでしょう。

乳幼児であれば、妊娠期間中の母体の生活環境変化によって「許容範囲」がすでに低下した状態で産まれ、外界でのさまざまな異物(化学物質なども)が増加していること、さらに、内分泌機能などもこれから発達する未熟な状態での生体の働きでは、アレルギーを抑え切れないことが原因といえるでしょう。

そこで、アトピー性皮膚炎を克服するためには、アトピー性皮膚炎を引き起こす原因となる生活を改善して、さまざまな負荷を軽減させながら、同時に、新陳代謝を高め、アレルギーを抑える体内の働きを活発化させる。これが、必要な条件となります。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 18:57 | アトピー性皮膚炎の対策

アレルギーの原因 化学物質

<スポンサードリンク>
化学物質を代謝するための運動や睡眠が不足しがちな状況では、余計に体は過剰反応、つまりアレルギーを引き起こすことになります。したがって、いかに化学物質を排除するか、そして同時に完全に完全に化学物質を除去することが不可能な以上、いかに体が処理できるように代謝を高めるのか、このあたりを考えることも大切です。

アトピー性皮膚炎に限ったことではありませんが、生活習慣病の原因の一つとしても広く認識されています。精神的負荷、一般的にはストレスとして表されますが、これは、自律神経系の中で交換神経優位の状況を維持させます。人間の身体は、交換神経による緊張(亢進)と、副交感神経による緩和(抑制)のバランスにより、生体活動を維持しています。

交換神経のみが優位の状況が続くと、さまざまな異常をきたすことになります。例えば、血管は、交換神経の働きにより収縮し、副交感神経の働きにより拡張します。もし、交換神経のみが常に働く状態が続けば、常に血管は収縮していることになります。

アトピー性皮膚炎の場合も、過度の(継続する)精神的負荷は、発病のきっかけとなったり、悪化の要因の一つとなったりします。最後に、アトピー性皮膚炎を悪化させる原因として考えられるのが、アトピー性皮膚炎を治療するために行っている手法そのものという場合があります。

食物のアレルギーは早く治療を始めるほど「耐性」が獲得されやすく、早期に再摂取が可能となります。気になる症状は専門医に相談してみましょう。ちょっとしたことでも相談してみることが大切です。「もしかして何かのアレルギーか」と不安に思うなら、医師に相談してみましょう。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 03:33 | アトピー性皮膚炎の対策

アトピー性皮膚炎とはアレルギー疾患の一部

<スポンサードリンク>
アトピー性皮膚炎とはアレルギー疾患の一部です。アレルギーとは簡単に言うと「過剰な免疫応答が生じて体に障害を与える現象」のことを指します。これが一般的なアトピー性皮膚炎の理解といえるでしょう。

かゆみにより睡眠が取れないなどの生活に支障が現れると、体力の低下などからアトピー性皮膚炎そのものを悪化させることもあります。やっかいなのは、患者自身が自覚できる症状はかゆみに集約されることです。

かゆみは、アトピー性皮膚炎の原因ではなく結果に過ぎませんから、本当の原因というのを解消しない限り炎症が出たり引いたりを繰り返しながら徐々に悪化することがあります。

アトピー性皮膚炎により現われる「かゆみ」「炎症」という症状は、あくまで「結果」であって、病気そのものではないということです。たとえば「熱」という症状は、風邪やインフルエンザにかかった時、はしかや風疹などでも出ますし、骨折などの怪我の場合も出ます。しかし、あくまで「熱」は、何らかの原因となる体の異常状態に対して体が引き起こす生体反応にすぎません。

アトピー性皮膚炎の場合も、一つの疾患として捉えられがちですが、本当ならば体に対してはアトピー性皮膚炎そのものが、生体に引き起こされた一つの「症状」であるということが言えます。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 20:39 | アトピー性皮膚炎の対策
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。