アトピー性皮膚炎を悪化させる原因

<スポンサードリンク>
アトピー性皮膚炎を悪化させる原因は、大きく分けると「生活面」「環境面」「精神面」「治療面」の4つが考えられます。まず、生活面としては、「アトピー性皮膚炎の原因」となった生活を変えられていない場合です。

例えば、睡眠不足により、免疫機能、自律神経などを乱し、アトピー性皮膚炎が現われ始めた場合、その「睡眠不足を必要とした生活の原因」を意識する必要があります。

「仕事が忙しい」「受験で睡眠時間が確保できない」など、個々人にとってはやむを得ない理由かもしれません。しかし、やむを得ないから放置すれば、症状が好転することは難しく、さらにアトピー性皮膚炎の原因が続くことになり、症状そのものは悪化することになります。

お酒が好きで肝臓病になった人が、お酒を飲み続けながら治療を行う、あるいは糖尿病の人が食事や運動に一切気を配らずに治療を行っても効果がないのと同じで、アトピー性皮膚炎の場合も、生活面での「原因」がある場合には、どのような治療を行っていようとも、その生活面での原因を取り除く必要があるのです。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 12:24 | アトピー性皮膚炎の対策

アトピー性皮膚炎は「子供の病気」

<スポンサードリンク>
昔、アトピー性皮膚炎は「子供の病気」と言われることが多かったものです。実際に当時は、中学生になる頃には自然と治っているケースが見受けられました。

しかし、最近では逆に、成人になって発病するケースや、年齢を経ても良くなるどころか逆に悪化し、難治化しているケースも多く見られます。なぜ、昔は自然と良くなったものが、現在では良くならなくなってきたのでしょうか。

一番の大きな原因は「生活」にあると言えます。現在の私たちを取り巻く社会環境は、24時間営業しているコンビにがあり、深夜までどのテレビ局も放送を行うなど、生活自体が夜型の生活を可能にする形態となっています。

しかし、昭和40年代前後の頃は、テレビの普及、食生活の内容などを見ても、今のような夜型の生活を可能にするような状況ではなく、子供達は、早寝早起きを行い、食事、おやつも手作りのものばかりでした。また、今のように、室内での遊びが多くもなく、日が暮れるまで外で遊んで、疲れて早く寝る、それが当たり前の時代だったと思います。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 03:49 | アトピー性皮膚炎の対策

アトピー性皮膚炎の原因

<スポンサードリンク>
アトピー性皮膚炎の原因となった生活を変えられないと、例えば、睡眠不足により、免疫機能、自律神経などを乱し、アトピー性皮膚炎が現われ始めた場合、その「睡眠不足を必要とした生活の原因」を意識する必要があります。

個々人にとってはやむを得ない理由かもしれません。しかし、やむを得ないから放置すれば、症状が好転することは難しく、さらにアトピー性皮膚炎の原因が続くことになり、症状そのものは悪化することになります。

アトピー性皮膚炎の場合も、生活面での「原因」がある場合には、どのような治療を行っていようとも、その生活面での原因を取り除く必要があるのです。このような、体に対する生活面の負荷は、睡眠の他にも、運動不足や食事面のアンバランスなどが考えられます。

特にステロイド剤などの薬剤により、症状を抑えている場合には、症状が抑えられている=病気が治った状態と勘違いしやすく、その生活面の「負荷」には、なかなか気がつきにくいものです。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 21:34 | アトピー性皮膚炎の対策

アレルギーは免疫反応の1つ

<スポンサードリンク>
アトピー性皮膚炎とは、主たる病変部が皮膚に現れやすい疾患です。しかし、原因が皮膚に直接あるわけではありません。アトピー性皮膚炎の症状そのものを悪化させる要因が皮膚そのものに考えられることはあります。

しかし、アトピー性皮膚炎そのものの病態から考えると、疾患としての原因は、皮膚ではなく、体そのものの問題であることが多いと言えます。人間の皮膚は、「内臓の鏡」と言われるように、体内の異変を知らしめる役割も持っています。

アトピー性皮膚炎の場合も同様です。では、その原因は何でしょうか。人間の免疫には大きく分けると細菌やウィルスなど外敵に向かうためのT型免疫と、アレルギーなどを引き起こすためのU型免疫に分かれます。

アレルギーというと、一般的には悪いイメージしかありませんが、この免疫反応は、生体にとっては必要なものであるからこそ備わっているものです。たとえば、体にとって有害となる食べ物を食べると、下痢などがおきますが、この際の「下痢」もアレルギーです。

つまり、それらの有害となる食べ物を腸内になるべくとどめないことにより、その悪影響を最小限にしようという働きです。このように、アレルギーも本来は生体にとって必要な活動のひとつなのです。アトピー性皮膚炎の場合も、ある種の「警告」の要素が強くあります。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 12:13 | アトピー性皮膚炎の対策
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。