アトピーとシックハウス

<スポンサードリンク>
睡眠が取れないなどの生活に支障が現れると、体力の低下などからアトピー性皮膚炎そのものを悪化させることもあります。アトピー性皮膚炎は原因ではなく結果に過ぎませんから、本当の原因というのを解消しない限り、炎症が出たり引いたりを繰り返すことになります。

アトピー性皮膚炎治療の主な対象も「かゆみ」に集約されがちです。アトピー性皮膚炎により現われる「かゆみ」「炎症」という症状は、あくまで「結果」であって、病気そのものではないということです。

「熱」そのものが「病気」ではないのと同様、当然、「熱」を治療するためには、その原因となった疾患の治療が必要であることは言うまでもありません。また、生体に直接影響を与えるような高熱の場合は、熱とういう症状そのものを下げる治療も必要となります。

アトピー性皮膚炎の場合も、一つの疾患として捉えられがちですが、本当ならば体に対してはアトピー性皮膚炎そのものが、生体に引き起こされた一つの「症状」であるということが言えます。

その一方で、シックハウス症候群は依然として増加傾向にあるといわれます。問題は新築物件だけでなく、リフォームや家具によって持ち込まれる化学物質にあるのです。家具の合板に使われる接着剤や塗化学物質の規制はありません。真新しい家具から揮発する化学物質が、アトピー症状を悪化させている可能性もあります。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 13:34 | アトピー性皮膚炎の対策

一般的なアトピー性皮膚炎

<スポンサードリンク>
アトピー性皮膚炎は、一つの疾患として捉えられがちですが、本当ならば体に対してはアトピー性皮膚炎そのものが、生体に引き起こされた一つの「症状」であるということが言えます。

ですから、アトピー性皮膚炎を体に「症状」として出さなければならなくなった原因を探り、解消することが大切です。アトピー性皮膚炎が発症する原因は、ウィルスなどで発症するインフルエンザなどの感染症とは違って多岐にわたり、個々人によって「病気の原因」は異なります。

アトピー性皮膚炎とは、「アレルギー体質」を持つ人に見られる疾患ではあるため、「アレルギー体質」と言われるものが共通原因だと言う方もおられるでしょう。

しかし、「アレルギー体質」そのものは強弱の差はあれ、全ての人間が保有する体質です。アレルゲンなどに反応した結果、皮膚に炎症を生じ、それがかゆみと知覚され、掻き壊しにより炎症がさらに広がるのが一般的なアトピー性皮膚炎です。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 08:23 | アトピー性皮膚炎の対策

アトピー性皮膚炎の改善

<スポンサードリンク>
アトピー性皮膚炎、アレルギーは簡単に言うと「過剰な免疫応答が生じて体に障害を与える現象」のことを指します。アレルギー反応は大きく分けて4つの型に分類されますが、以前はアトピー性皮膚炎の場合、即時(アナフィラキシー)型であるT型とされることが多かったようです。

アレルゲンなどに反応した結果、皮膚に炎症を生じ、それがかゆみと知覚され、掻き壊しにより炎症がさらに広がる、これが一般的なアトピー性皮膚炎の理解といえるでしょう。

かゆみを押さえる治療を一番に考えがちになりますが、かゆみはアトピー性皮膚炎の原因ではなく結果に過ぎませんから、本当の原因というのを解消しない限り炎症が出たり引いたりを繰り返しながら徐々に悪化することがあります。

アトピー性皮膚炎治療の主な対象も「かゆみ」に集約されがちです。アトピー性皮膚炎により現われる「かゆみ」「炎症」という症状は、あくまで「結果」であって、病気そのものではないということです。

アトピー性皮膚炎の場合も、一つの疾患として捉えられがちですが、本当ならば体に対してはアトピー性皮膚炎そのものが、生体に引き起こされた一つの「症状」であるということが言えます。

睡眠不足、運動不足、ストレス、食事の過不足、さまざまな原因から、生体内のバランスを崩し(それも生命にまでは危険のない範囲で)、それが将来危機的状況まで進行しないために、ある種、警告信号的要素としてアトピー性皮膚炎が現れる方もおられます。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 03:42 | アトピー性皮膚炎の対策

アトピー性皮膚炎と花粉症

<スポンサードリンク>
近年、増加している花粉症も、排気ガスなどの大気中の化学物質と花粉が結合した窒素化合物に反応して、症状が起きると言われています。

花粉症の人を、日光と東京の環状線で調査した結果、杉花粉が多い日光の山中の方が症状が見られにくいことが報告されています。

したがって、いかに化学物質を排除するか、そして同時に完全に完全に化学物質を除去することが不可能な以上、いかに体が処理できるように代謝を高めるのか、このあたりを考えることも大切です。

過度な精神面の負荷は、現在の私たちの健康を阻害する上で、大きな要因の一つです。これは、何もアトピー性皮膚炎に限ったことではありません。

生活習慣病の原因の一つとしても広く認識されています。精神的負荷、一般的にはストレスとして表されますが、これは、自律神経系の中で交換神経優位の状況を維持させます。人間の身体は、交換神経による緊張(亢進)と、副交感神経による緩和(抑制)のバランスによるものです。

アトピー性皮膚炎を悪化させる原因として考えられるのが、アトピー性皮膚炎を治療するために行っている手法そのものという場合があります。現在、アトピー性皮膚炎治療は、日本皮膚科学会が示すアトピー性皮膚炎治療のガイドラインにより、まずステロイド剤を中心とする薬物療法が主体となっています。

ステロイド剤は、アトピー性皮膚炎により生じた「症状」であるかゆみや炎症を治療することはできても、アトピー性皮膚炎の原因そのものを治療することはできません。アトピー性皮膚炎の原因とは、その方の生活内容、行動そのものの中に多く潜んでいます。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 08:22 | アトピー性皮膚炎の対策

アトピー性皮膚炎の症状そのものを悪化させる要因

<スポンサードリンク>
アトピー性皮膚炎の症状そのものを悪化させる要因が皮膚そのものに考えられることはあります。しかし、アトピー性皮膚炎そのものの病態から考えると、疾患としての原因は、皮膚ではなく、体そのものの問題であることが多いと言えます。

「皮膚は内臓の鏡」と言われるように、体内の異変を知らしめる役割も持っています。例えば、肝臓病の方の場合、脂っこいものやお酒を飲むと、皮膚に蕁麻疹が見られることがあります。

また腎臓病の方の場合、皮膚が黒ずんでくることがあります。もちろん皮膚そのものに異常があるのではありませんから、いくら皮膚を治療しても、元となる肝臓や腎臓の状態を改善しない限りは、繰り返し再発することになります。

アトピー性皮膚炎は「慢性」の湿疹のため、以前は1歳になる前に診断を下すことには慎重でしたが、現在では3カ月以上その特徴的な皮疹が反復・持続するなら、アトピー性皮膚炎と診断されています。

年齢が低いほど除去期間は短くてすむので、疑わしい症状がある場合は早めの取り組みが重要です。「回転食」は主食や副食を回転しながら食休みを作って摂取させるもので、原因食物を避けながら徐々に耐性を獲得する「診断・治療・予防」を兼ねた食物療法です。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 09:48 | アトピー性皮膚炎の対策

アトピー性皮膚炎 生活環境に原因が

<スポンサードリンク>
アトピー治療に対する目標を自分で明確にできたなら、実際にどのようにアトピー性皮膚炎克服を目指していけばよいのか、を考える必要があります。もちろん、ここでいうアトピー性皮膚炎克服とは、どのような形であれ「治したい」というニーズを持つ方が、原則として対象です。身体が受けるさまざまな負荷を軽減させることです。

人間の身体は、さまざまな負荷に対する「許容範囲」を有しています。 その許容範囲内を越えた場合、さまざまな異常状態が「自覚症状」として現われることになります。

生活習慣病の増加は、近年著しいものがあり、日本人の死亡原因のほとんどは生活習慣病によるものです。有機リンなどの化学物質が一定量を超えて体内に入ると中毒症状を起しますが、微量だとアレルギー症状が現れることがラットの実験でわかっています。

身体に異常をきたす負荷が一定量を超えると生活習慣病となり、その危険性を 一番自覚できる形で知らせてくれる警告信号的意味合いを持つものが、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状だと、考えることもできます。

したがって、アトピー性皮膚炎を克服するための第一の条件は、「身体が受けるさまざまな負荷を軽減させる」ということにあります。主にアトピー性皮膚炎は、先進諸国に多く見られ、ここ最近、増加の傾向にありますが、これは、生活環境が「便利に」「清潔に」変化してきていることとの関わりは否定できません。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 12:41 | アトピー性皮膚炎の対策

アトピー性皮膚炎を悪化させないように

<スポンサードリンク>
アレルギー体質を有さないとどうなるのでしょうか。体が示す防衛反応の一つがアレルギー症状です。アレルギー体質がなければ、例えば有害な食べ物を食べても下痢や嘔吐も起きない、つまり生体維持が非常に困難になるということです。

アレルギーの強弱は、生活環境によっても変化します。 毎年春になると、花粉症に悩まされる方は、年々増加しています。「去年までは大丈夫だったのに!」という話も、良く聞きます。

これも、アレルギーの感受性が生活環境により変化するため、と言えます。アトピー性皮膚炎とは、広義に考えるならば、インフルエンザのような共通する特定の原因により引き起こされるのではなく、個人個人が異なった原因により、共通の症状が引き起こされるといえます。

アトピー性皮膚炎とは、主たる病変部が皮膚に現れやすい疾患ですが、その原因が皮膚に直接あるわけではありません。無論、掻き壊した後で、感染症にかかった場合など、アトピー性皮膚炎の症状そのものを悪化させる要因が、皮膚そのものに考えられることはあります。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 14:01 | アトピー性皮膚炎の対策

アトピー性皮膚炎の発症

<スポンサードリンク>
アトピー性皮膚炎が現われ始めたばかりの状況、つまりアトピー性皮膚炎の初発状況においては、自らの体が作り出した症状である以上、自らの体において、それを消退させることも十分可能なはずです。

しかし、なぜ難治化しているのか。アトピー性皮膚炎を悪化させる原因は、大きく分けると「生活面」「環境面」「精神面」「治療面」の4つが考えられます。まず、生活面としては、「アトピー性皮膚炎の原因」となった生活を変えられていない場合です。

例えば、睡眠不足により、免疫機能、自律神経などを乱し、アトピー性皮膚炎が現われ始めた場合、その「睡眠不足を必要とした生活の原因」を意識する必要があります。「仕事が忙しい」「受験で睡眠時間が確保できない」など、個々人にとってはやむを得ない理由です。

アトピー性皮膚炎の原因が続くことになり、症状そのものは悪化することになります。アトピー性皮膚炎の場合も、生活面での「原因」がある場合には、どのような治療を行っていようとも、その生活面での原因を取り除く必要があるのです。

ステロイド剤は、アトピー性皮膚炎により生じた「症状」であるかゆみや炎症を治療することはできても、アトピー性皮膚炎の原因そのものを治療することはできません。アトピー性皮膚炎の原因とは、その方の生活内容、行動そのものの中に多く潜んでいるからです。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 02:34 | アトピー性皮膚炎の対策
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。