アトピー性皮膚炎の完治にむけて

<スポンサードリンク>
アトピー性皮膚炎は大変やっかいな疾患です。これを克服するためには、「治したい」という意志が重要です。現代生活で我々の身体が受ける様々な負荷を軽減させることが第一。我々人間の身体は、外的負荷に対する許容範囲を持っています。外的負荷が許容範囲を越えたとき、異常状態が「自覚症状」として現われます。一例を挙げると、肝臓。沈黙の臓器と呼ばれるように、この許容範囲が大きい臓器です。飲酒など、少々の負荷には耐えてくれますが、これが耐え切れなくなって脂肪肝という異常状態になると、自覚症状となって現れます。

自覚症状が現われた段階では、その異常状態が進行している深刻な状況であることも多々あります。身体に対して「有害」となる負荷には、精神的負荷、肉体的負荷があります。しかし、身体が有する許容範囲ギリギリまで負荷を蓄積することは、身体にとっては望ましくないのは、言うまでもありません。一般的に肉体的負荷、精神的負荷が、身体というよりも生命維持を行っていく上で、重要なのは深刻な状況になる前に、本人に自覚させる働きの一つが、アレルギー症状にはあります。アトピー性皮膚炎は、家族内発生がみられること、他のアレルギー疾患の病歴を持つ場合が多いことなどから、遺伝的要因があります。皮膚が乾燥しやすいなどのアトピー素因を多くの患者が持っていますが、炎症の結果ではなく、独立した要素であると考えわれます。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 18:48 | アトピー性皮膚炎の対策
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。