アレルギー体質を改善する食生活

<スポンサードリンク>
現在は、小さな子供たちが、親と同じ時間帯で生活を行うことが多く、夜10時以降まで起きていることも当たり前となり、添加物、防腐剤の入ったインスタント食品、レトルト食品、加工食品、お弁当なども増えるなど、明らかに体にとっては負荷のかかりやすい状況となっています。

さらに、少子化により、子供に対する教育費用が、かけやすくなったせいか、塾や習い事を低年齢で行う子供達が増え、テレビゲームなどの室内での楽しい遊びも充実し、本来、代謝がさかんな年齢で、外での体を動かす行動(遊び)が、生体全体を活発に成長させる時期にありながら、逆に、生体としての代謝を低下させているのが今の現状なのです。

他の動物を見ても、幼体が、じっとしてしていることはまずありません。必要以上に跳ねたり駆け回っていたりしますが、これも自然にあるべき姿といえます。また、大人の場合も同じことが言えます。仕事や生活上のストレス、学業のストレス、睡眠不足、栄養の過不足、運動不足、これらの不足状態、ストレスの過剰状態が継続すれば、やはり、体の機能のあちこちに異常を生じたとしても不思議ではありません。

実際に、それらの生活面での体に対する負荷が続けば、生活習慣病の原因となることは、よく知られています。つまり、アトピー性皮膚炎とは、体の機能、特に前述した免疫機能がうまく機能できていない、もしくは機能の成長がうまくいっていない状態において、生じている現象とも言えるわけです。逆の見方をすれば、それら体の機能の異常状態を知らしめる警告信号的な役割も持っているとも考えることができます。

しかし、ここで注意いただきたいのは、これらのアトピー性皮膚炎が現われ始めたばかりの状況、つまりアトピー性皮膚炎の初発状況においては、自らの体が作り出した症状である以上、自らの体において、それを消退させることも十分可能なはずなのに、なぜ難治化しているのか、ということです。

アトピー性皮膚炎を悪化させる原因は、大きく分けると「生活面」「環境面」「精神面」「治療面」の4つが考えられます。まず、生活面としては、「アトピー性皮膚炎の原因」となった生活を変えられていない場合です。例えば、睡眠不足により、免疫機能、自律神経などを乱し、アトピー性皮膚炎が現われ始めた場合、その「睡眠不足を必要とした生活の原因」を意識する必要があります。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 04:58 | アトピー性皮膚炎の対策
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。