アトピー性皮膚炎の症状そのものを悪化させる要因

<スポンサードリンク>
アトピー性皮膚炎の症状そのものを悪化させる要因が皮膚そのものに考えられることはあります。しかし、アトピー性皮膚炎そのものの病態から考えると、疾患としての原因は、皮膚ではなく、体そのものの問題であることが多いと言えます。

「皮膚は内臓の鏡」と言われるように、体内の異変を知らしめる役割も持っています。例えば、肝臓病の方の場合、脂っこいものやお酒を飲むと、皮膚に蕁麻疹が見られることがあります。

また腎臓病の方の場合、皮膚が黒ずんでくることがあります。もちろん皮膚そのものに異常があるのではありませんから、いくら皮膚を治療しても、元となる肝臓や腎臓の状態を改善しない限りは、繰り返し再発することになります。

アトピー性皮膚炎は「慢性」の湿疹のため、以前は1歳になる前に診断を下すことには慎重でしたが、現在では3カ月以上その特徴的な皮疹が反復・持続するなら、アトピー性皮膚炎と診断されています。

年齢が低いほど除去期間は短くてすむので、疑わしい症状がある場合は早めの取り組みが重要です。「回転食」は主食や副食を回転しながら食休みを作って摂取させるもので、原因食物を避けながら徐々に耐性を獲得する「診断・治療・予防」を兼ねた食物療法です。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 09:48 | アトピー性皮膚炎の対策
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。