アトピー性皮膚炎 アレルギーの自覚症状

<スポンサードリンク>
アトピー性皮膚炎克服とは、どのような形であれ「治したい」というニーズを持つ方が、原則として対象です。身体が受けるさまざまな負荷を軽減させること、人間の身体は、さまざまな負荷に対する「許容範囲」を有しています。 その許容範囲内を越えた場合、さまざまな異常状態が「自覚症状」として現われることになります。

例えば、肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれるように、この許容範囲が大きい臓器です。お酒の飲み過ぎなどでも、少々の負荷は、黙って耐えてくれますが、耐え切れなくなって脂肪肝という異常状態になると、自覚症状を現すことになります。

しかし、自覚症状が現われた段階では、その異常状態が進行している深刻な状況であることも多々あります。これら、身体に対して「有害」となる負荷には、精神的負荷、肉体的負荷がありますが、 身体が有する許容範囲ギリギリまで負荷を蓄積することは身体にとっては決して 望ましいことではありません。

これらの肉体的負荷、精神的負荷が、身体、というよりも生命維持を行っていく上で、 深刻な状況になる前に、本人にそれを自覚させる働きの一つが、アレルギー症状にはあります。特に皮膚は「内臓の鏡」と呼ばれるように、身体の異常状態を発現させやすい器官です。アトピー性皮膚炎も、これに似ています。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 20:12 | アトピー性皮膚炎の対策
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。