一般的なアトピー性皮膚炎

<スポンサードリンク>
アトピー性皮膚炎は、一つの疾患として捉えられがちですが、本当ならば体に対してはアトピー性皮膚炎そのものが、生体に引き起こされた一つの「症状」であるということが言えます。

ですから、アトピー性皮膚炎を体に「症状」として出さなければならなくなった原因を探り、解消することが大切です。アトピー性皮膚炎が発症する原因は、ウィルスなどで発症するインフルエンザなどの感染症とは違って多岐にわたり、個々人によって「病気の原因」は異なります。

アトピー性皮膚炎とは、「アレルギー体質」を持つ人に見られる疾患ではあるため、「アレルギー体質」と言われるものが共通原因だと言う方もおられるでしょう。

しかし、「アレルギー体質」そのものは強弱の差はあれ、全ての人間が保有する体質です。アレルゲンなどに反応した結果、皮膚に炎症を生じ、それがかゆみと知覚され、掻き壊しにより炎症がさらに広がるのが一般的なアトピー性皮膚炎です。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 08:23 | アトピー性皮膚炎の対策
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。