アトピー性皮膚炎 皮膚のバリア

<スポンサードリンク>
皮膚のバリアが低下すると、感染症などの二次的な疾患も併発したり、かゆみにより睡眠が取れないなど、生活の支障も現れます。また、体力の低下などから、アトピー性皮膚炎そのものを悪化させることもあります。

かゆみを押さえる治療を一番に考えがちになりますが、かゆみはアトピー性皮膚炎の原因ではなく結果に過ぎません。本当の原因というのを解消しない限り、炎症が出たり引いたりを繰り返しながら、徐々に悪化することがあります。

現在行われているアトピー性皮膚炎治療は、「かゆみ」に集約されがちです。アトピー性皮膚炎により現われる「かゆみ」「炎症」という症状は、あくまで「結果」であって、病気そのものではないということです。

アトピー性皮膚炎を体に「症状」として出さなければならなくなった原因を探り、解消することが大切だということです。アトピー性皮膚炎が発症する原因は、ウィルスなどで発症するインフルエンザなどの感染症とは違って多岐にわたり、個々人によって「病気の原因」は異なります。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 16:30 | アトピー性皮膚炎の対策
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。