アトピー性皮膚炎を抑える体内の働き

<スポンサードリンク>
昔の生活リズムのように、夜は早く寝て、身体を良く動かし、化学物質の摂取が少ない生活を送ることは、自律神経系、内分泌系の働きを正常にし、バランスの良い免疫系の働きを身体にもたらします。これに対し、現在の私たちの生活は、アトピー性皮膚炎の原因になると同時に、本来アトピー性皮膚炎を抑えるはずの体内の働きをも低下させているのです。

このように、人間の身体には、アレルギーを引き起こす働きもあれば、抑制する働きもあるのですが、環境の変化により、抑える働きが減少していることが、 アトピー性皮膚炎増加の要因の一つであることは間違いありません。そして、同時に、生活環境の変化は身体に対する負荷も増大させるため、余計にアトピー性皮膚炎が増える傾向にあるのです。

したがって、アトピー性皮膚炎を克服するためには、「アレルギーを抑える身体の働きを促進させる」ということが大事です。成人での発症であれば、受験、仕事などでの精神的・肉体的負荷の増大、新陳代謝を促進する運動の機会が激減した、食生活の変化、体内の内分泌に深く関わる睡眠の慢性的な不足などにより、有害な「負荷」が、増加したことがアトピー性皮膚炎の「原因」といえるでしょう。

また、乳幼児であれば、妊娠期間中の母体の生活環境変化によって「許容範囲」がすでに低下した状態で産まれ、同時に、外界でのさまざまな異物(化学物質なども)が増加していること、さらに、内分泌機能などもこれから発達する未熟な状態での生体の働きでは、アレルギーを抑え切れないことが原因といえるでしょう。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 03:34 | アトピー性皮膚炎の対策
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。