アトピー性皮膚炎は「子供の病気」

<スポンサードリンク>
昔、アトピー性皮膚炎は「子供の病気」と言われることが多かったものです。実際に当時は、中学生になる頃には自然と治っているケースが見受けられました。

しかし、最近では逆に、成人になって発病するケースや、年齢を経ても良くなるどころか逆に悪化し、難治化しているケースも多く見られます。なぜ、昔は自然と良くなったものが、現在では良くならなくなってきたのでしょうか。

一番の大きな原因は「生活」にあると言えます。現在の私たちを取り巻く社会環境は、24時間営業しているコンビにがあり、深夜までどのテレビ局も放送を行うなど、生活自体が夜型の生活を可能にする形態となっています。

しかし、昭和40年代前後の頃は、テレビの普及、食生活の内容などを見ても、今のような夜型の生活を可能にするような状況ではなく、子供達は、早寝早起きを行い、食事、おやつも手作りのものばかりでした。また、今のように、室内での遊びが多くもなく、日が暮れるまで外で遊んで、疲れて早く寝る、それが当たり前の時代だったと思います。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 03:49 | アトピー性皮膚炎の対策
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。