アトピー性皮膚炎 睡眠不足に要注意

<スポンサードリンク>
アトピー性皮膚炎が現われ始めた場合、その「睡眠不足を必要とした生活の原因」を意識する必要があります。「仕事が忙しい」「受験で睡眠時間が確保できない」など、個々人にとってはやむを得ない理由かもしれません。

やむを得ないから放置すれば、症状が好転することは難しく、さらにアトピー性皮膚炎の原因が続くことになり、症状そのものは悪化することになります。アトピー性皮膚炎の場合も、生活面での「原因」がある場合には、どのような治療を行っていようとも、その生活面での原因を取り除く必要があるのです。

体に対する生活面の負荷は、睡眠の他にも、運動不足や食事面のアンバランスなどが考えられます。特にステロイド剤などの薬剤により、症状を抑えている場合には、症状が抑えられている=病気が治った状態と勘違いしやすく、その生活面の「負荷」には、なかなか気がつきにくいものです。

治療法を選択する際に大切なことは、まずその治療法が自分のアトピー性皮膚炎の「原因」に対して有効に働きかけることができるのかを見極め、同時に、その治療法におけるメリット・デメリットを正しく認識することが大切です。

また、治療の経過に伴い、治療を開始する時点とは、生活状況、症状なども常に変化しますから、その変化に合わせて治療法も変化させるなど、柔軟な考え方も必要でしょう。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 11:32 | アトピー性皮膚炎の対策
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。