アレルギー症状の原因となるもの

<スポンサードリンク>
私たちは、化学物質に恒常的にさらされることで、これらの歯車が少しずつ狂いを生じ、シックハウス症候群やアトピー性皮膚炎などに影響を及ぼすのではないかと考えられています。

逆にいえば、すでにアトピーを発症している人も、シックハウス対策をして環境要因を減らせば、改善が期待できるということです。身の回りを点検して対策をとりましょう。

化学物質は、主に自律神経に影響を及ぼして、多彩な症状を引き起こします。自律神経の乱れは、相関関係にある免疫系や内分泌系の働きを乱し、アトピーやアレルギー症状を悪化させます。

有害だとわかっても、目に見えないだけに対策が難しい化学物質。家の中にはどんな化学物質があって、どうすれば減らすことができるのでしょうか。あなたの家は本当に大丈夫ですか。シックハウスの原因の代表的なものが、建材およびその関連品に使用されるホルムアルデヒドと呼ばれる物質です。

改正建築基準法で使用が制限されて以来、新築のホルムアルデヒドによる重篤な患者は減りつつあります。一方、シックハウス症候群の患者は、依然として増加傾向にあるといわれます。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 09:30 | アトピー性皮膚炎の対策
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。