アトピー性皮膚炎と生活習慣病

<スポンサードリンク>
昔から、アトピー性皮膚炎という病気は存在していました。しかし現在、この疾患が子供の10人に1人というように激増している理由は、現在の生活環境に原因があると言わざるを得ません。

私たちを取り巻く生活環境は、身体に異常をきたす負荷(化学物質の増加、生活スタイルの変化による睡眠不足や運動不足、精神的ストレスなど)が増大、さらに継続性を持つようになり、それを処理(代謝、解消)する機能が低下しています。

実際、それらの負荷が相当高まることにより、現われる生活習慣病の増加は、近年著しいものがあり、日本人の死亡原因のほとんどは生活習慣病によるものです。有機リンなどの化学物質が一定量を超えて体内に入ると中毒症状を起しますが、微量だとアレルギー症状が現れることがラットの実験でわかっています。

同じように、身体に異常をきたす負荷が一定量を超えると生活習慣病となり、その危険性を 一番自覚できる形で知らせてくれる警告信号的意味合いを持つものが、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状だと、考えることもできます。

したがって、アトピー性皮膚炎を克服するための第一の条件は、身体が受けるさまざまな負荷を軽減させる、ことにあります。主にアトピー性皮膚炎は、先進諸国に多く見られ、ここ最近増加の傾向にありますが、これは、生活環境が「便利に」「清潔に」変化してきていることとの関わりは否定できません。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 16:28 | アトピー性皮膚炎の対策
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。