アトピー性皮膚炎の原因と化学物質

<スポンサードリンク>
アトピー性皮膚炎の原因を放置すれば、症状が好転することは難しく、症状そのものは悪化することもあります。アトピー性皮膚炎の場合、生活面での「原因」がある場合には、どのような治療を行っていようとも、その生活面での原因を取り除く必要があるのです。

このような、体に対する生活面の負荷は、睡眠の他にも、運動不足や食事面のアンバランスなどが考えられます。特にステロイド剤などの薬剤により、症状を抑えている場合には、症状が抑えられているイコール病気が治った状態と勘違いしやすく、その生活面の「負荷」には、なかなか気がつきにくいものです。

それらの生活面の負荷は、過度に続くと、代謝を下げたり、免疫機能を低下させたり、さらには内分泌機能(ホルモン)、自律神経などにも悪影響を与えることになります。環境面とは、主に「衣食住」に関わる部分です。「食」の部分は、生活面とも関わりがありますが、環境面でいう「食」とは、添加物などの影響を指します。

化学物質がアレルギーを引き起こすのは、微量の場合であることがラットを使った北里大学の研究でわかっています。もし、微量以上の場合は、今度は「中毒症状」が現われてきます。このことからも、アレルギーとは、化学物質に対する中毒症状の危険性を認識させるための防衛反応の一部であるといえます。

本来であれば、避けられない化学物質を体内で処理するための新陳代謝を高め、同時にできる限り化学物質を摂取しない努力も必要です。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 16:13 | アトピー性皮膚炎の対策
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。