花粉症の症状緩和

<スポンサードリンク>
私たちの生活を取り巻く化学物質の蔓延、さらに体に取り入れた化学物質を代謝するための運動や睡眠が不足しがちな状況では、余計に体は過剰反応、つまりアレルギーを引き起こすことになります。近年、増加している花粉症も、排気ガスなどの大気中の化学物質と花粉が結合した窒素化合物に反応して、症状が起きると言われています。

実際、花粉症の人を、日光と東京の環状線で調査した結果、杉花粉が多い日光の山中の方が症状が見られにくいことが報告されています。したがって、いかに化学物質を排除するか、そして同時に完全に完全に化学物質を除去することが不可能な以上、いかに体が処理できるように代謝を高めるのか、このあたりを考えることも大切です。

過度な精神面の負荷は、現在の私たちの健康を阻害する上で、大きな要因の一つです。これは、何もアトピー性皮膚炎に限ったことではありません。生活習慣病の原因の一つとしても広く認識されています。精神的負荷、一般的にはストレスとして表されますが、これは、自律神経系の中で交換神経優位の状況を維持させます。

人間の身体は、交換神経による緊張(亢進)と、副交感神経による緩和(抑制)のバランスにより、生体活動を維持していますが、この中で交換神経のみが優位の状況が続くと、さまざまな異常をきたすことになります。例えば、血管は、交換神経の働きにより収縮し、副交感神経の働きにより拡張します。

もし、交換神経のみが常に働く状態が続けば、常に血管は収縮していることになり、血圧は上がっても、血流が少なくなるため、各臓器や諸器官に十分な栄養素、酸素の供給が結果的に減少することになります。また、自律神経系のアンバランスは、免疫系にも悪影響を与えることが、医学的にも判明しています。このように、過度なストレスは、身体に対して悪影響を与えるわけです。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 11:12 | アトピー性皮膚炎の対策
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。