アトピー性皮膚炎の発症

<スポンサードリンク>
アトピー性皮膚炎が現われ始めたばかりの状況、つまりアトピー性皮膚炎の初発状況においては、自らの体が作り出した症状である以上、自らの体において、それを消退させることも十分可能なはずです。

しかし、なぜ難治化しているのか。アトピー性皮膚炎を悪化させる原因は、大きく分けると「生活面」「環境面」「精神面」「治療面」の4つが考えられます。まず、生活面としては、「アトピー性皮膚炎の原因」となった生活を変えられていない場合です。

例えば、睡眠不足により、免疫機能、自律神経などを乱し、アトピー性皮膚炎が現われ始めた場合、その「睡眠不足を必要とした生活の原因」を意識する必要があります。「仕事が忙しい」「受験で睡眠時間が確保できない」など、個々人にとってはやむを得ない理由です。

アトピー性皮膚炎の原因が続くことになり、症状そのものは悪化することになります。アトピー性皮膚炎の場合も、生活面での「原因」がある場合には、どのような治療を行っていようとも、その生活面での原因を取り除く必要があるのです。

ステロイド剤は、アトピー性皮膚炎により生じた「症状」であるかゆみや炎症を治療することはできても、アトピー性皮膚炎の原因そのものを治療することはできません。アトピー性皮膚炎の原因とは、その方の生活内容、行動そのものの中に多く潜んでいるからです。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 02:34 | アトピー性皮膚炎の対策
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。