アトピー性皮膚炎の改善

<スポンサードリンク>
アトピー性皮膚炎、アレルギーは簡単に言うと「過剰な免疫応答が生じて体に障害を与える現象」のことを指します。アレルギー反応は大きく分けて4つの型に分類されますが、以前はアトピー性皮膚炎の場合、即時(アナフィラキシー)型であるT型とされることが多かったようです。

アレルゲンなどに反応した結果、皮膚に炎症を生じ、それがかゆみと知覚され、掻き壊しにより炎症がさらに広がる、これが一般的なアトピー性皮膚炎の理解といえるでしょう。

かゆみを押さえる治療を一番に考えがちになりますが、かゆみはアトピー性皮膚炎の原因ではなく結果に過ぎませんから、本当の原因というのを解消しない限り炎症が出たり引いたりを繰り返しながら徐々に悪化することがあります。

アトピー性皮膚炎治療の主な対象も「かゆみ」に集約されがちです。アトピー性皮膚炎により現われる「かゆみ」「炎症」という症状は、あくまで「結果」であって、病気そのものではないということです。

アトピー性皮膚炎の場合も、一つの疾患として捉えられがちですが、本当ならば体に対してはアトピー性皮膚炎そのものが、生体に引き起こされた一つの「症状」であるということが言えます。

睡眠不足、運動不足、ストレス、食事の過不足、さまざまな原因から、生体内のバランスを崩し(それも生命にまでは危険のない範囲で)、それが将来危機的状況まで進行しないために、ある種、警告信号的要素としてアトピー性皮膚炎が現れる方もおられます。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 03:42 | アトピー性皮膚炎の対策
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。