アトピー性皮膚炎 生活環境に原因が

<スポンサードリンク>
アトピー治療に対する目標を自分で明確にできたなら、実際にどのようにアトピー性皮膚炎克服を目指していけばよいのか、を考える必要があります。もちろん、ここでいうアトピー性皮膚炎克服とは、どのような形であれ「治したい」というニーズを持つ方が、原則として対象です。身体が受けるさまざまな負荷を軽減させることです。

人間の身体は、さまざまな負荷に対する「許容範囲」を有しています。 その許容範囲内を越えた場合、さまざまな異常状態が「自覚症状」として現われることになります。

生活習慣病の増加は、近年著しいものがあり、日本人の死亡原因のほとんどは生活習慣病によるものです。有機リンなどの化学物質が一定量を超えて体内に入ると中毒症状を起しますが、微量だとアレルギー症状が現れることがラットの実験でわかっています。

身体に異常をきたす負荷が一定量を超えると生活習慣病となり、その危険性を 一番自覚できる形で知らせてくれる警告信号的意味合いを持つものが、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状だと、考えることもできます。

したがって、アトピー性皮膚炎を克服するための第一の条件は、「身体が受けるさまざまな負荷を軽減させる」ということにあります。主にアトピー性皮膚炎は、先進諸国に多く見られ、ここ最近、増加の傾向にありますが、これは、生活環境が「便利に」「清潔に」変化してきていることとの関わりは否定できません。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 12:41 | アトピー性皮膚炎の対策
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。