アトピー性皮膚炎と花粉症

<スポンサードリンク>
近年、増加している花粉症も、排気ガスなどの大気中の化学物質と花粉が結合した窒素化合物に反応して、症状が起きると言われています。

花粉症の人を、日光と東京の環状線で調査した結果、杉花粉が多い日光の山中の方が症状が見られにくいことが報告されています。

したがって、いかに化学物質を排除するか、そして同時に完全に完全に化学物質を除去することが不可能な以上、いかに体が処理できるように代謝を高めるのか、このあたりを考えることも大切です。

過度な精神面の負荷は、現在の私たちの健康を阻害する上で、大きな要因の一つです。これは、何もアトピー性皮膚炎に限ったことではありません。

生活習慣病の原因の一つとしても広く認識されています。精神的負荷、一般的にはストレスとして表されますが、これは、自律神経系の中で交換神経優位の状況を維持させます。人間の身体は、交換神経による緊張(亢進)と、副交感神経による緩和(抑制)のバランスによるものです。

アトピー性皮膚炎を悪化させる原因として考えられるのが、アトピー性皮膚炎を治療するために行っている手法そのものという場合があります。現在、アトピー性皮膚炎治療は、日本皮膚科学会が示すアトピー性皮膚炎治療のガイドラインにより、まずステロイド剤を中心とする薬物療法が主体となっています。

ステロイド剤は、アトピー性皮膚炎により生じた「症状」であるかゆみや炎症を治療することはできても、アトピー性皮膚炎の原因そのものを治療することはできません。アトピー性皮膚炎の原因とは、その方の生活内容、行動そのものの中に多く潜んでいます。
posted by アトピー性皮膚炎の対策 at 08:22 | アトピー性皮膚炎の対策
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。